本文へスキップ

仲山テント工業はテント・シート・オーニングを専門とする横浜の会社です。

TEL. 045-231-6135
FAX. 045-253-9961

神奈川県横浜市西区境之谷7-15

お問い合せは

カラーコーディネートCOLOR CORDINATE

カラーコーディネート

上手なカラーコーディネートとは

看板やテントの色を選ぶ時は誰でも迷うものですね。
そんな時、どのようにして、何を基準に配色を決めるのでしょう?
大半の人は周辺に付いている看板を見たり、あるいは自分の好みで決めたり、そして業者の人に相談したりして決めていると思います。
 では実際にどのような配色が効果的なのでしょうか?それには幾つかの要素が有ります。
1つは業種です。飲食業、販売業(何を販売しているのか)、サービス業・・・。様々な業種が有りますが、それぞれに向き不向きの色が有ります。
2つ目はお店のコンセプトによって色を決める方法です。店舗の雰囲気、ターゲットの年齢層等を参考にします。
3つ目は店舗の周辺の景観を参考にする方法です。地域によっては景観条例が有ります。あまり派手な配色が出来ない事も有り得ます。周辺の景観に上手くマッチした配色が要求されます。
4つ目はレタリング(文字、マーク等)との組み合わせです。文字等と背景色(看板の地色)の組み合わせはとても重要です。配色によって視認性(見やすさ)、を高めるように考慮しなくてはなりません。
以上の点を踏まえて配色例を見ながら良い配色、良くない配色を解説していきます。
配色例1 配色例2 配色例3
 最初にラーメン店の看板配色例を見て行きましょう。3つの配色でどれが良い配色だと思われますか?
おそらく殆どの人が右の配色と答えるでしょう。では何故他の2つは良くない配色なのでしょうか?
まず左の配色ですがこれは同系色の組み合わせです。同系色の場合はまとまりが出ます。特にグラデーション等に使うと統一性の取れた配色となります。しかしこの配色の場合は識別性に欠けます。少し読み取りにくいのです。では真中のはどうでしょう?緑と赤は反対色ですのでまとまりは出ません。だから通常はお互いの色が反発して引き立ちますので引き立つはずです。でも読み取りにくいです。緑と赤の境い目がハレーション(ギラツキ)を起しているからです(リープマン効果)。これを防ぐには色の持つ明度(明るさ)に差をつけるのがコツです(緑と赤の純色はそれぞれ暗い色なのです)。そこで右の配色となります。黄色の下地に赤色の文字の組み合わせです。黄色は非常に明るい色です。それに対して赤の純色は暗い色の部類に入ります。ですから2つの色の明度差があるので読み取りやすいのです。
では次に左と真中の配色に工夫をして読み取りやすくしてみましょう。
配色例4 配色例5
 今度はどうでしょう。大分見やすくなったと思います。これはそれぞれの色の境い目に明度に差の有る無彩色を配色したからです。この技法をセパレーションと言います(俗に言う縁取りです)セパレーションを入れることにより識別性が大いに向上します。地色と文字色がそれぞれ暗い場合は明るい色で、その反対にそれぞれが明るい場合は暗い色でセパレーションを施します。セパレーションには無彩色か金属色を用います、理由は有彩色を使ってしまうと3色以上の配色(多色配色)となってしまい全体としてまとまりが無くなってしまうからです。
(無彩色とは白、灰、黒の様に色みを持たない色のことです。有彩色とはその他の色みを持つ色のことです)
次に様々な業種における看板の配色例を見て行きましょう。

次のページへ>>

















バナースペース

テントは横浜の仲山テント工業

〒220-0054
神奈川県横浜市西区境之谷7-15

TEL 045-231-6135
FAX 045-253-9961